大根の間引き

大根の葉が繁り過ぎてしまったので、本日、間引きを決行。

01%e3%83%bb161023web%e4%bf%9d%e5%ad%98

引き抜いてみると、可愛い大根が出来ていました。

家づくり学校1年生第7回「歴史から考える」

11月14日の日曜日、家づくり学校1年生の第7回「歴史から考える」の講師をさせていただきました。

01%e3%83%bb161022web%e4%bf%9d%e5%ad%98

詳細は家づくり学校公式ブログの宮野人至さんによる報告記事をご参照ください。

(写真:宮野人至さん)

イイギリ(飯桐)

快晴に恵まれた今日の午後、久しぶりに林試の森公園を散策。
ほんの少しですが紅葉が始まっています。

01%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

イイギリの実も橙色に色付いていました。

パプリカ収穫

先日収穫したパプリカです。

01%e3%83%bb161111web%e4%bf%9d%e5%ad%98

残る実はあと僅か、今年のパプリカ栽培はそろそろ終わりを迎えます。

ソラマメ発芽

01%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

ソラマメが発芽しました。

タマネギ発芽

10月頭、タマネギの種を蒔きました。

01%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98
1週間後、無事に発芽。
まだ頭に種を被っています。

発芽率は、約7割と言ったところでしょうか。
足りない分は、追加で種蒔きしようと思います。

パプリカその後

我が家のパプリカは、まだまだ元気です。
ほぼ完全にホッタラカシにした結果、実は幾つも生れど、なかなか赤く色付かぬ、という状況が続いております。
これは実を沢山付け過ぎた為に違いないと考え、まだまだ次々と生り続ける小さな実を思い切って摘んでみました。

01%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98
すると、どうでしょう。
これまで色付くのに長時間を要していたのが、わずか一週間で赤くなりました。
摘果の効果でしょうか?

いずれにせよ次回からは放置せずにマメなお世話を心掛けたいと思います。

大根再び

おそらく鳥に食べられてしまった我が家の袋栽培大根
気を取り直して、再び種を蒔きました。

01%e3%83%bb161111web%e4%bf%9d%e5%ad%98
ご覧の通り、健やかに成長中。

間引くのは、もう少し先にしようと思います。

ミニトマト復活

以前お話した我が家のミニトマト、7月末までにたくさん収穫出来たものの、猛暑のせいでしょうか、8月以降は全く実を付けなくなってしまいました。

01%e3%83%bb161111web%e4%bf%9d%e5%ad%98
ところが今週になって、再び小さな実が幾つも生り始めたではありませんか!

トマトは南米のアンデス高原が原産地なのだとか。
彼等にとっては、今頃が快適な季節なのかもしれませんね。

稲のひこばえ(蘖)

刈り取った稲の切り株から、新たな茎がのびています。

01%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98
こういうものを「ひこばえ(蘖)」と呼ぶそうな(注)。
ちなみに手前に見えるのはレンゲ草の若葉、来春の花を楽しみに種蒔きしたもの。

02%e3%83%bb161111%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98
10月頭には、出穂し花も咲き始めました。

今月末には、昨年同様、これらのひこばえ稲を撤去し小麦の種を蒔く予定にしております。
でも欲張りなワタクシメが思いまするに、もしかしたらお米が収穫出来るかもしれません。
小麦発芽後もこのまま刈り取らずに様子を見ようかと考える今日この頃です。

(注)稲の場合は「ひつじ(稲孫)」とも呼ぶようです。「ひこばえ」と「ひつじ」、どちらが妥当なのでしょうね?