魚群

西表島・ゲーダ川河口にて望遠レンズで撮影。

01(CIMG7530・20170613)トリミング縮小200×600(1)・コントラスト+25

東京でヤマベ(オイカワ)あるいはハヤ(ウグイ)と呼ぶ淡水魚に似ていますが、何と言う魚でしょう?

後期開始

先週は訳あって休講とした為、昨日が専門学校後期最初の講義と相成りました。

01(seizu・学校HPから)トリミング縮小150×300・自然な彩度-75

後半も一緒に頑張りましょう。

(写真は学校HPから拝借しました)

花水木

秋空の下、公園を散歩していると

01(DSC_7560・20171005)トリミング縮小300×500・自然な彩度+50・コントラスト+25

花水木(ハナミズキ)の紅葉が始まっていました。

狛犬

大和市は下鶴間諏訪神社にて。

01(CIMG1967・20171003)トリミング縮小300×450・自然な彩度-25

拝殿前の狛犬です。

鱗雲

秋、空いっぱいの鱗雲。

01(DSC_7582・20171005)トリミング縮小200×600・露光量ガンマ0.75・コントラスト+25・シャープ

残暑が長かった分、より一層この季節ならではの心地好さを実感します。

荒崎海岸

三浦半島・荒崎海岸。この奇観は、黒くて硬い凝灰岩と白くて軟らかい砂岩・泥岩の層により形成されているとのこと。

01(CIMG3885・20161010)トリミング縮小200×600・自然な彩度-100

訪れたのは「しましま」設計中の昨秋なので、この風景から何かしら影響を受けているかもしれません。

ドアに止まっていた蛾。一見すると木の葉のようです。

01(DSC_3889・20161012)トリミング縮小300×300(2)・シャープ

どなたか名前を御存知の方、御教示賜れば幸いに存じます。

(2017年10月10日13:00追記)
S先輩から教えて頂きました。「ウコンエダシャク」というそうです。

赤蜻蛉

沢山の赤蜻蛉が空を舞うこの季節。

01(CIMG2026・20171008)トリミング縮小200×600・自然な彩度-75・コントラスト-50

電線に止まったところを撮影しました。

貝合わせ

いつきのみや歴史体験館(注)では、平安貴族の遊び「貝合わせ」を楽しむ事が出来ます。
蛤(ハマグリ)のような二枚貝は、元のつがいであった貝殻同士しか上手く合わさりません。
その性質を利用して、誰がより沢山の組み合わせを当てる事が出来るか、その数を競うゲームです。

01(IMG_6687・20160116)トリミング縮小200×300(3)・カラーバランス-25・0・0

などと薀蓄を書き連ねたワタクシメ、実は未だ一度も体験した事がありませぬ……。

(注)「いつきのみや歴史体験館」 設計:文化財保存計画協会+広瀬鎌二
「新建築」2000年1月号、「住宅建築」2000年1月号、「建築知識」2000年1~5月号に掲載されています。
山本が広瀬研究室在籍時に設計監理を担当したものです。

蜘蛛の巣

空いっぱいの鱗雲の下、公園で

01(DSC_7598・20171005)トリミング縮小300×450(2)・彩度-100・コントラスト-50・露光量オフセット0.0500

女郎蜘蛛の大きな巣を見付けました。