ジャガイモの植え付け

今年はジャガイモ栽培にも挑戦しようと、種イモを購入しました。

01%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

「インカの瞳」という品種です。
いささか窮屈かとは思いましたが、余らせても仕方がないので5個全部をひとつのプランターに植え付け(注)。

02%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

さて、うまく育ってくれるでしょうか?

(注)ジャガイモの植え付け間隔は、通常60~75センチだそうな。そして上写真プランターの長さは90センチ……。

勝負?!

2週間ほど前の話です。

01・20170323web保存
父が室内で育てていたエンドウがずいぶん成長し、「もうそろそろプランターに植え替えたらどうだ?」と言うので預かりました。

それにひきかえ、私が同じ種を蒔いた屋上のプランターでは……

02・20170323回転してweb保存
育ちが悪いですねぇ……。
ちなみに隣に植わっているのはネギです。

しかし父の育てた方は所詮温室育ち、これまで健気に冬の寒さに耐えてきた私の苗と、これからが勝負なのだ?!

引き渡し

先日、ついに集合住宅が完成しました。
お客様に「建物に名前を付けてほしい」と言われ、不肖ワタクシメが「WALLS(ウォールズ)」と名付けさせていただきました。
なぜ「WALLS」なのか、このお話はまた後日。

製作の遅れていたエントランスホールに置くベンチが、引き渡しギリギリで間に合いました。

01090312%e6%92%ae%e5%bd%b1161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

座板と側板部分をパンチングメタルとしています。素材はステンレスです(ヘアライン仕上げ)。

02090306%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

実は以前書いた木材選びは、このベンチの座板を探しに行ったもの。
しかし、床・壁とも石張りの硬質な空間には金属製の方が相応しかろうと、後日方針を変更した次第です。

散歩

今日の東京地方は久しぶりの晴天、昼食後、例によって林試の森公園を散歩しました。

池のほとりに咲き乱れる木瓜(ボケ)の脇で猫が日向ぼっこをしています。

01%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98
「今日は暖かくて気持ちいいニャン♪」

02%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98
まだほんの数匹ですがオタマジャクシも泳ぎ始めました。

もう春ですね。

カトリック目黒教会(聖アンセルモ教会) 設計:アントニン・レーモンド 1954年

JR目黒駅のそばに建築家・故アントニン・レーモンドが設計したカトリック目黒教会(聖アンセルモ教会)があります。
私はキリスト教徒ではありませんが、会社の近所でもあり、たまに気分転換を兼ねて訪れています。
ここに来るとピンと張りつめた気分になれるからです。

この教会には鉄筋コンクリートを折り紙のように扱う独特の構造が用いられています。
正直なところ外観はあまりよいとは思えませんが、内部空間は実に素晴らしい。

01%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

壁の隙間から差し込む光が荘厳な雰囲気を盛り上げます。

02%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

灰色の壁を色とりどりに染めるステンドグラスからの光。

03%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

今回の写真は2月上旬の午後に撮影しました。
レーモンドの最高傑作とは言えないでしょうが、いつまでも残しておきたい優れた近代建築遺産のひとつです。

ソラマメの花とキャベツその後

ソラマメの花が咲きました。

01%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

白い小さな花です。

その隣では、先日触れたキャベツの芽も順調に成長しています。

02%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

3株のうち、これが一番元気なモノ。
このまま育てて、再度結球するかどうか見届けたいと思います。

ソラマメの蕾

昨秋から育てているソラマメの蕾が膨らみ始めました。

01%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

あと何日くらいで咲くのでしょう?
当座の楽しみが出来ました。

つらら

この冬、東京地方では雪がほとんど降っていません。
このまま春になってしまうのでしょうか?

01060218%e6%92%ae%e5%bd%b1161006web%e4%bf%9d%e5%ad%98

写真は軒先のつらら。数年前に山形の友人を訪ねた際、連れて行ってもらった慈恩寺(山形県寒河江市)にて撮影しました。

富山研修旅行その4(最終回・森家へ)

高岡の瑞龍寺を参拝した私達は、その後富山へ戻り、海辺の町・岩瀬にある北前船回船問屋森家(重要文化財)を目指しました。
岩瀬までは富山ライトレールというモダンな路面電車に乗ります。

01081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

閉館間際に到着、滑り込みセーフで見学することが出来ました。

02081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

03081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

長押の釘隠しが凝っています。
これは鶴、ピンボケでスイマセン。

04081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

そして、亀。

05081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

ウサギの釘隠しもありました。この画像はrabi王さま(注)へ捧げましょう。

06081122%e6%92%ae%e5%bd%b1161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

森家を出ると、既に陽は落ち、美しいはずの街並もよく見えず……。
岩瀬でのんびりし過ぎた私達は、ダッシュでライトレールに飛び乗り、大慌てで富山空港を目指したのでした(笑)
(終わり)

(注)rabi王さまこと建築家の倉島和弥さんは、日本屈指のウサギ・グッズ・コレクターであらせられます。

散歩

今日の東京地方は、コートはおろかジャケットも要らないくらいの暖かさでした。
昨晩吹き荒れた生温かい強風は、やはり春一番だったのかしらん?

例によって会社近くにある林試の森公園を散歩しました。
河津桜が咲き誇っています。

01%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

ミツバチ達も忙しそうです。

02%e3%83%bb161007%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

一部の池では、手入れのためでしょうか、水が抜かれています。
なんとか水の豊富な隣の池へ移動しようとするカメを発見。

03%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

以前撮影したカメの一味かしらん?
最初彼(?)は滝へ向かって歩を進めていたのですが、「どうもここを登るのは無理だな……」とあきらめた様子で陸路に変更していました(笑)

04%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

こちらは、滝登りの途中でひと休み(笑)

05%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

池にはガマガエル(注)の卵がたくさん産みつけられていました。
卵はいささかグロテスクなので、なるべく入らないようにトリミングしております。

06%e3%83%bb161007web%e4%bf%9d%e5%ad%98

そよ風が心地よい、まるで初夏のような午後でした。

(注)「ガマガエル」とは俗称で、この公園に生息するものは「アズマヒキガエル」が正式名称のようです。