模型

現在、訳あって椅子の模型(縮尺1:5)を作成中。

0104%e3%83%bb120413%e7%a5%a5%e5%a3%ab%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%b8%e9%80%81%e4%bf%a1161208%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6%e7%b8%ae%e5%b0%8f200x267%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

デザインも含め、大変苦しんでおります……。

追悼・原田芳雄さん

俳優の原田芳雄さんが亡くなりました。
享年71歳だそうな。昨今の平均寿命に比べれば早過ぎる死とも言え、誠に残念です。

氏の出演作品は数あれど、私が真っ先に思い起こすのは、映画「君よ憤怒の河を渡れ」(1976年公開)。
高倉健と原田芳雄の共演という、ハードボイルド好きにとってはたまらない作品です。
もっとも今あらためて見直すと相当荒唐無稽で、笑ってしまうシーンも多々あるのですが。

近年では1~2年前に偶然見たテレビドラマ「火の海」(NHK)が印象に残っています。
このドラマ、原田芳雄演ずる初老の作家と若い女性編集者とが織り成す人間模様なのですが、なんとも心打たれるよい物語でした。
追悼番組として近々再放送されるかもしれませんね。

非常に男くさい、それでいて実にチャーミングな俳優さんでした。
心よりご冥福をお祈り致します。

スイカ割れる

栽培中の小玉西瓜が割れてしまいました。

01(R0022432・110718成一郎撮影)20170120回転してweb保存
鳥に突かれたのではなく、自然に割れた模様。

02(R0022434・110718成一郎撮影)20170120回転してweb保存
勿体ないので食べてみました。
甘味は薄いですが、不味くはありません。

父によれば、マクワウリに似た感じだ、とか。

ナス結実

「千両2号」の実が生り始めています。

01r0022421%e3%83%bb110717%e6%88%90%e4%b8%80%e9%83%8e%e6%92%ae%e5%bd%b1161101%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

最初の実は小さいうちに収穫する予定。
そうすることで株の負担が減り、その後の生育がよくなるのだそうです。

トウモロコシ試し採り

トウモロコシのヒゲが茶色くなったので、1本だけ試し採り。

01(R0022430・110717成一郎撮影)20170120回転してweb保存

レンジでチンして頂くと、甘くて美味しゅうございました。

メロンその後

メロンの実が卵くらいの大きさに膨らんできました。

01(R0022420・110717成一郎撮影)20170120web保存

表面は触るとスベスベです。

タカノツメとパプリカ開花

01(R0022414・110717成一郎撮影)20170120回転してweb保存
種から育てたタカノツメの花が咲きました。
昨年(苗から育てる場合)と比べ約1ヶ月遅れ。

02(R0022416・110717成一郎撮影)20170120回転してweb保存
同じ日にパプリカも開花しました。
これも種から育てたモノです。

ゴーヤその後

ゴーヤはその後も順調に生長しています。
が、放任していたせいで3株の枝葉が絡み合ってしまいました。

01(R0022404・110716成一郎撮影)20170120回転してweb保存
そこで手摺にネットを取り付け、枝の誘引を決行。

02(R0022406・110716成一郎撮影)20170120回転してweb保存
もう雌花が咲いていました。

どのくらいで緑のカーテンが出来るでしょうか?

家づくり学校2年生第3回「メッキ(鍍金)・塗装」

先週末、家づくり学校2年生の講義に参加してきました。
詳しい内容は、根來宏典さんによる家づくり学校公式ブログの記事をご参照ください。

01(R0022332・110709成一郎撮影)20170120回転してweb保存
これはクローム鍍金を施されたばかりの部品。
聞けば自転車のフレームだそうな。

我が家のビト君のホイールキャップを持ち込みたい衝動に駆られました(笑)
冗談はともかく、鍍金の世界は実に奥が深そうで、私としてはもっともっと勉強せねばならぬと痛感した次第です。

02(R0022354・110709成一郎撮影)20170120回転してweb保存
塗装工場ではペンキの達人が手練の技をご披露くださいました。
手で描いた木目です。

03(R0022361・110709成一郎撮影)20170120回転してweb保存
同じくこちらは描かれた花崗岩。

いわゆる偽物(フェイク)ですが、西欧の教会建築等ではお馴染みの手法とも言えます。
これだけの塗装技術があれば、さらに未知の素材感(テクスチュア)を色だけで造り出すことも可能なのではないかとワクワクしてしまいました。

この場を借りて、今回ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

スダチ(酢橘)

建築家の田中ナオミさんからスダチが届きました。

01(R0022402・110713成一郎撮影)20170120回転してweb保存
ありがたいことです。

焼いたサンマと一緒に頂くと、大変美味しゅうございました。