会社まで歩く

先日は大変な朝寝坊をした挙句、泊まりに来ていた姪(5歳)と遊び、
さらに優雅にも朝風呂などに浸かってから、昼過ぎに会社へ出発しました。
いつもは東中野駅から中央線、山手線と乗り継ぎ、会社のある目黒まで行きます。
東中野駅前まで来て、ふと「今日は会社まで歩いてみよう」と思い立ちました。

理由のひとつは、最近仕事のアイデアが湧かずスランプなので気分転換を図る。
もうひとつは後輩の学生が「新宿から目黒までよく歩く」とブログに書いていたので、張り合う。
負けてたまるかっ!

山手通りをず~っと歩いていけば会社に着くのですが、
いつもタクシーで通る道なので(終電を逃した場合)新鮮味がありません。
そこで大通りの1~2本裏の道をジグザグに歩いていきました。
住宅街やオフィス街を通り抜け、素敵な庭や建築を発見したりして結構楽しい。
ちなみに途中3つの神社でスランプ脱出のお参りをしました(笑)

こうして歩き続けること3時間半、ようやく会社へ到着しました。
ハンカチはビショビショ、足はガクガク。
そして会社に着くなり疲れて寝てしまいました……。

オイオイ、会社に何しに来たんだ?!

ブロガー?

昨夜は近所に出来た新しいラーメン屋へ行きました。
7~8人くらいしか座れない、カウンターだけの小さなお店です。
ワンタン麺をを注文し、食べてみるとなかなか美味しい。
飛び込みで入った店で失敗を重ね続けてきた自分としては、今日は実にラッキーであります。

さて、私が麺をすすっておりますと、カシャッ、カシャッ、という音が聞こえます。
「なんだ?」と思い横をチラリと見ると、
隣のサラリーマン風の男性(一人客)がラーメンを携帯電話のカメラで撮影しておられました(店員には断らずゲリラ撮影)。
ははぁ、ブログにアップするのだな、とピンときました。
かなり太目の方でしたので、きっとグルメブログ?
彼のような人をブロガーと呼ぶのでしょうね。

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

02%e6%9a%91%e4%b8%ad%e3%81%8a%e8%a6%8b%e8%88%9e%e3%81%84%e3%83%8f%e3%82%b9%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e5%9f%8e%e8%b7%a1160924%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b8%ae%e5%b0%8f200x300

いよいよ暑さが本番をむかえますが、どうぞご自愛ください。

平成18(2006)年夏
山本成一郎

ビートル仲間

今日のお昼過ぎ、建築家の白鳥健二さんが事務所にお見えになりました。
武蔵工業大学建築学科のイベントで、我が師・ヒロカマこと広瀬鎌二の資料を展示することになり、わざわざ取りにいらして下さったのです。
車へ荷物を運んだら、ビックリ!
なんと白鳥さんの愛車は、79年式のVWタイプ2(俗称レイトバス)ではありませんか。
しかもシングルナンバー! ブラボ~~!!

白鳥さんとはこれまでに何度もお話していますが、お互いビートル乗りであることを今日まで全く知りませんでした。
身近なところにお仲間を見つけ、今日はとても愉快な気分です。

西田光男+PAGE ONE展

昨夜、WHO SPIRAL GALLERY「西田光男+PAGE ONE展」(8月5日まで)のオープニングパーティーへ行ってきました。
このギャラリーは、私が大変お世話になっている写真家・小林浩志さんが主催しているのです。

01%e3%83%bb160928%e7%b8%ae%e5%b0%8f200x296%e3%81%97%e3%81%a6web%e4%bf%9d%e5%ad%98

鍛鉄による西田さんの作品。鉄フェチでもある私は、とても興味をひかれました。
建築家との協働作品も多く、美術ファンのみならず建築ファンの方も必見です。

(写真はスパイラルHPから拝借しました)

「ITN」 設計:濱田昭夫

7月22日(土)、家づくりの会主催の住宅見学会で濱田昭夫さん設計の「ITN」を訪れました。
3軒の住宅を、一体に計画した非常に興味深い作品です。

01%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

先日の工学院大学市民講座でも紹介されていて、是非一度拝見したいと思っていました。
今回見学したのは3軒のうち、中央のお宅です。
道路際に杉板型枠による打放しコンクリートの塀を立て、引き戸を開けると緑豊かなドライエリアとアプローチを兼ねた前庭が現れます。

02%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

1階は玄関から全て土間になっており、濱田さんならではの美しいスチール階段で地下と2階が結ばれています。
出窓も特注のスチールサッシです。L字型の建具です。

03%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

敷地は角地なのですが、隅には植栽を配して街並みに貢献し、さらに壁のエッジを表わしてシャープに見せているのが心憎いですね。

04%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

全体の構成、材料の選定など、まさに正統派、大人の建築で、とても勉強になりました。

関連記事
一級建築士-TAC濱田建築設計事務所「見学会のお知らせ
一級建築士-TAC濱田建築設計事務所「見学会

さらば、ゴボウ天うどん、豚骨ラーメン

昨年の夏から長崎県壱岐へ仕事で通っています。
日帰りも可能ですが、打合せ時間が短くなってしまうので、通常は前日の夜に博多に泊まり、当日朝一番(8:00発)のジェットホイールに乗り、夕方まで打合せして帰京します。
この時の私のささやかな楽しみは、博多でゴボウ天うどん又は豚骨ラーメンを食べることです。

一昨日の夜、21:30頃福岡空港に到着、地下鉄に乗って博多駅構内の店でゴボウ天うどんを食べようと楽しみにしていました。
しかし店は21:00で閉店していました……。

仕方が無い、先にホテルに荷物を置いて、屋台でラーメンでも食べようかな、と歩いていると、携帯電話が鳴りました
協働している土木設計のMさんから「天神のいつものおでん屋(屋台)で待っているよ」とのこと。
うぅ、今日は酒を飲まずに早く寝たかったのに……。
付合いの良さでは天下一品の私は、ホテルへ荷物を放り込みタクシーで屋台へ急行しました。
その後、統括会社のO氏も合流、屋台で飲んだ後、もう一軒。1:00過ぎまで飲んで、タクシーでホテルへ帰りました。
ラーメンどころか、まともにツマミも食べられず……。

案の定、翌朝は二日酔いです。打合せ場所に着く頃まで赤い顔をしておりました。
幸いなことに、打合せは予定より早く終わり、協働メンバー全員が、普通のフェリーで帰ることにしました。
時間はジェットホイールの倍くらいかかりますが、とても好い天気で(九州地方は梅雨明け)、甲板から景色を眺めたり、ビールを飲んだりしながら心地よい一時を過ごしました。

博多港に着くや、統括会社社長で大先輩のYさんが、「一番早い飛行機に乗ろう!」と言い出し、フェリーを走って下船、タクシーに飛び乗らされました。
都市高速を使って空港へ直行、チケットの時間変更をしたのが、飛行機出発の15分前!
もう食事をする間もありません。
福岡空港の3階には、うどん屋もラーメン屋もあるのに……。
あぁ……、さよなら……。

結局今回の出張ではゴボウ天うどんも豚骨ラーメンも食べることが出来ませんでしたとさ。

「A Broadleaf Tree House」 設計:松本直子

7月15日(土)、家づくりの会主催の住宅見学会で松本直子さんの新作「A Broadleaf Tree House」を訪れました。
この住宅は松本さんのご自邸です。
2つのボリュームの間を廊下・階段等で結び、中庭を配しています。
中庭を通してボリューム相互を眺めることが出来るので、家の中に距離感が生まれ実際より広く感じられますし、光や風の通り道としても有効です。

01%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

建築家の自邸というと、他所では実現出来ない思い切った試みが為される場合が多いので、私もその辺りを特に注目していました。
拝見して感じたのは、そうした気負いは全く感じられず、極めて自然体であるということ。
強いて言えば、多種類の素材(主に木材)を自在に組み合わせることを積極的に試みているように感じました。
数種類の広葉樹材をモザイク状に散りばめたグラフィカルな壁面などがそのひとつでしょうか。

02%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

和室も定型ではなく、松本流です。土壁、竹天井、背高の障子が独特の世界を造っています。

03%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

この作品の特徴は、大まかなボリュームの中に個性的な要素を幾つも並置し、
それらが時には渾然一体となったり、時には反発し合ったりしている無国籍で不思議な、しかし実に心地良い世界を造っていることです。
松本さん独自の感性で選び出されたモノ達の競演といえるでしょう。

イタリア料理店「i~rottah イ・ロッタ」(目黒)

今年の春以来、月に一度は通っているお店です。
先週の木曜日、山形に住む親友が上京してきたので、一緒に夕食を食べに行きました。

01160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

この男は元キックボクサー(プロ)。
こんな風体ですが、堅気の公務員です、念の為(笑)

ちなみにこの店のインテリアは、建築家・倉島和弥さんによるもの。
とにかくピザが最高!!
表面がカリッとしていて、口に入れるとモチモチの食感で、ファンも多いそうです。

03160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

写真はマルゲリータ。
目黒へお越しの際は、是非ご賞味ください。

i~rottah イ・ロッタ
住  所   〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-5-21 目黒DKウエスト1F
アクセス   目黒駅(JR・地下鉄南北線・東急目黒線)から徒歩4分
電  話   03(3779)1138
営業時間   11:30~14:00(月~金)
       17:30~22:00(月~土)
定 休 日     日曜・祝日

「Ze空庵」 設計:川口通正

6月29日(木)の午後、川口通正さんの新作「Ze空庵」を見学させていただきました。
既存の平屋部分と土蔵を残しつつ、息子さん世帯の住居を上手に連結させています。
既存部分との屋根の取り合いに大変苦労されたそうです。

01%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

全体的に川口さんならではの「和」の空間です。特に軒や庇の使い方がとても上手だなぁ、と感心することしきり。

02%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

03%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

2階の食堂は高さのある勾配天井に、木部を茶色に染め、壁を卵色の漆喰塗りにしたなんとなくリゾート風のインテリアです。

04%e3%83%bb160924%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

この部屋で、建主のSさんからお酒をご馳走になってしまいました。
しかもSさんは、わざわざ川口さんの生年の1952年のワインを開封。
ドサクサまぎれに私もご相伴にあずかりました。ありがとうございます。
とても居心地が良く、幼いお嬢さんと遊んだりしながら、完全にくつろいでしまいました。

今後も既存部分の屋根替えをしたり、土蔵を塗り替えたりと少しずつ手を入れていく予定だそうです。
これはもはや一軒の家づくりを超えて、ひとつの町並みを造る仕事です。
今後のさらなる進化が楽しみですね。